剃刀でお肌は乾燥するの?

バリア機能の低下を起こしてしまう

剃刀を使って毛の処理を行っていると、肌トラブルが起こりやすくなってきますが、その中でも肌の乾燥は多くの方が感じやすい悩みとなります。
剃刀を使うと、お肌の表面を薄く削ることになってしまい、バリア機能の低下を呼び込むことになります。バリア機能は、肌を刺激から守ってくれる大切な機能になるものの、剃刀での処理を続けていることで、刺激に弱いお肌が作られてしまうのです。空気が乾燥したときなど、たくさんのクリームを塗っても肌の水分が蒸発しやすくなり、カサカサ状態のお肌に変化してしまいます。潤いあるお肌を保ちたい人は、バリア機能の低下を呼び込んでしまう剃刀での自己処理を控えるように気を付けるようにしましょう。

脱毛を利用すれば乾燥も解消

剃刀で肌の乾燥を感じている人は、そのケアを控えることで状態を改善することができます。一度低下してしまったバリア機能は、お肌への刺激を減らすことで強化できるようになるため、乾燥肌も解消することが可能になるのです。剃刀により乾燥肌に陥ってしまった人は、使用を控えてみましょう。
ただ、剃刀を使わなくなれば、毛が伸び放題になってしまうという別の問題も感じやすくなってきます。肌を守りながら毛も処理したい人は、脱毛の施術を受けてみるとよいです。脱毛を受ければ、お肌の表面を削ることなく毛根にダメージを与えることができるため、気になる乾燥に悩まされることがなくなってきます。お肌に潤いをもたらしながら、毛も処理したい方は利用するとよいです。

渋谷で脱毛をするなら、医療脱毛が人気です。医療専門機器を使用するので、しっかりと根本まで脱毛することができます。

© Copyright Hair Loss Prevention . All Rights Reserved.